脂肪が原因なら

女性

脂肪は顔につく

顔を大きく見せてしまう原因の一つとして、脂肪があります。体重が増えることで、体全体的に脂肪はついてしまいます。顔も例外ではありません。しかし、人によって脂肪がつきやすい部位は異なります。腰回りにつきやすい人もいれば、顔につきやすい人もいます。顔につきやすい人の場合だと、注意が必要です。なぜなら、顔は脂肪を落とすことが難しい部位だからです。もし、脂肪がついて顔が大きく見えてしまっているのであれば、脂肪溶解注射という小顔矯正治療をお勧めします。

病院の選び方

脂肪溶解注射は、プチ整形の一種です。脂肪吸引手術のようにメスを使用したりしないので、気軽に挑戦することが出来ます。しかし、実際に脂肪溶解注射を利用する時にはクリニック選びを慎重に行ないましょう。もし、満足のいく効果や仕上がりを希望するなら、脂肪吸引手術の実績が豊富な医師が在籍しているクリニックを選択すべきです。脂肪溶解注射は、注射を打つだけの治療で技術力の有無は関係ないように感じますが、注入部位や注入量によって仕上がりが大きく左右されます。脂肪吸引手術の実績が豊富な医師であれば、脂肪のつき方や脂肪の性質などを網羅しているので、納得のいく仕上がりを実感する事が出来るでしょう。また、実績などは口コミサイトやホームぺージなどで知ることが可能です。これらを知ることなく、通院してしまうと顔の左右のバランスがおかしくなってしまったり、顔にたるみがでてしまったり、脂肪が必要以上に無くなってしまい老けているようになってしまったなどとなりかねません。なので信頼することが出来るクリニックを選択することが大事です。

注意点とは

脂肪溶解注射は、顔だけでなくその他の部位への施術も可能です。二の腕や太ももなど気になる部分へ注入することが出来ます。しかし、脂肪溶解注射を受ける際には、知っておきたいことがあります。それは、筋肉や骨格が原因で太くなって見えている場合には、あまり効果を実感することが出来ないということです。二の腕に脂肪溶解注射を打って、ほっそりとした二の腕を手に入れようと期待していたけど、筋肉がついていたせいで太く見えていた為、注射を打っても効果を感じることが出来なかったというケースもあります。これは、顔の場合も同様です。エラの筋肉が発達していて顔が大きくなっている場合、脂肪溶解注射を打っても、さほど効果を感じ津事が出来ないのです。なので、注射を打つ前に、顔が大きく見えている原因を突き止めましょう。丁寧にカウンセリングをしてくれる医師であれば、原因を突き止めることができます。

ますます注目度が高まっている

脂肪溶解注射は一昔前からある小顔矯正方法の一つです。少し前までは、注射後に腫れてしまうということがありましたが、最近では顔用の脂肪溶解注射が登場しています。顔用の脂肪溶解注射は、注入後の腫れをあまり感じません。なので、顔がはれるからと諦めた人が、続々と挑戦しています。これからますます利用者が増えていくことでしょう。