注射

プチ整形で矯正する

小顔になりたいのであれば、ボトックス注入という小顔矯正治療に挑戦してみましょう。ボトックスはエラの筋肉に作用して顔を小さくすることが可能です。メスを使用しないので、美容治療初心者にもハードルが低く、おすすめです。

詳しく見る

注射

メスを使う施術

顎の長さやエラの大きさが気になると言う場合、骨切り手術という小顔矯正治療で、小顔へとアプローチしましょう。半永久的な効果があるので、手術後、時間が経過してもずっと小顔を維持することが出来ます。

詳しく見る

女性

脂肪が原因なら

脂肪が原因で顔が大きく見えているのなら、脂肪溶解注射を打ちましょう。脂肪溶解注射を打つことで、顔の脂肪を減らし、小顔効果を得ることができます。しかし、治療を受けるまでに脂肪に関する知識が豊富な医師か確認しましょう。

詳しく見る

注射を打つ人

たるみを引き上げ

小顔治療を検討しているひとで、たるみによるフェイスラインがきになるのであれば、サーマクールがおすすめです。サーマクールは美肌効果もあるので若返りを期待することが出来ます。

詳しく見る

平均を知ろう

カウンセリング

小顔になりたいという悩みは、女性の多くが抱える問題ですよね。写真などを撮った際、後から見返すと自分の顔が他の人よりも大きく感じた経験はありませんか?顔を大きく感じると、写真などでも素直に笑う事がつい難しく感じてしまうものです。その際は、是非、美容外科などで行われている小顔矯正術を試してみてはいかがでしょうか。小顔になる為の矯正方法は様々な方法があります。まずは確認してみると良いでしょう。小顔になりたいと感じている方は、やはり大きい顔をもう少し小さくしたいと考えていると思いますが、そもそも、なぜ顔が大きくなってしまうのか分かりますか?生まれつきだと考える方もたくさんいると思いますが、実はそれ以外にもたくさんあるのです。まず、皆さんがすぐ思い浮かべるように、顔の骨やエラが生まれつき発達している方は、顔が大きい傾向にあります。こういった骨格が張っている方は、美容外科などで出来るエラの骨切り、アゴの骨切りなどで顔を小さくする事が可能です。次に、筋肉が発達している方。顔の筋肉が発達しすぎていると、顔が大きく見えてしまうものです。このような方は、小顔矯正を行う事で小顔になれる期待があります。しかし、小顔と言っても、どこから小顔の定義なのか分からないという方もたくさんいらっしゃる事でしょう。小顔というのは、もちろん顔の小さい事を指しますが、日本人の顔の長さの平均を知っていますか?顔の長さの平均としては、縦幅だと男性が20cm、女性が19cm、横幅の方は男性が15cm、女性は14cmほどと言われています。この基準から大きければ顔が大きいという事になります。メジャーなどで測るのが難しいという方は、家にもあるティッシュ箱や本で測定してみると良いでしょう。ティッシュ箱は大体の箱が25cmほどと言われています。ですので、ティッシュ箱よりご自分の顔が小さい場合は平均、もしくは平均よりは大きめと言う事になります。また、A5の本でも簡単に調べる事が可能ですよ。しかし、顔の長さというのは顔のパーツの配置、顔と身体のバランスでも変わります。それを踏まえて、少しでも顔が大きいとコンプレックスに感じるのであれば、すぐに小顔矯正をしてみると良いでしょう。